岡本整形外科 院長診療ブログ

当院での手術症例、手術実績、医院近況等をご紹介します。

H30年1月手術まとめ

手術実績はHPに出していますが、人工関節、関節鏡手術と一言で言ってもいろいろあるので、H30 年1月分の手術34件を細かく分けてみました。

一般の方がみても、「なにこれ?」っと思われると思いますが。

全身麻酔手術 26件

人工膝関節全置換術(TKA) 7件

人工膝関節単顆置換術(UKA) 4件

人工股関節全置換術(THA) 1件

関節鏡下半月板切除  6件

関節鏡下半月板縫合術 2件

骨接合(中手骨×2 上腕骨×2 足関節×1 橈骨×1) 6件

局所麻酔手術 8件

手根管開放術 1件

アキレス腱縫合術 2件

腱鞘切開術 4件

指末節骨骨部分切除 1件

最先端の手術手技の提供

整形外科医療の最新情報は、東京や福岡の研修会・勉強会に参加してなんとかなりますが、

開業すると、どうしても新しい手術手技に触れる機会がなくなってしまいます。

当院では、積極的に外部のスペシャリストを招いて手術を行ったり、

スペシャリストの病院で丸一日実技指導を受けることによって、常に最新の手術手技を提供できるようにしています。

2017.10.17東京女子医科大学教授 岡崎賢先生を招いて、二重束前十字靭帯再建術を施行

2017.11.15秋山クリニック院長  秋山武徳先生よりⅾouble level osteotomy(大腿骨・脛骨同時骨切りによるO脚矯正)の実技指導を受ける。

半月板損傷

当院で最も多い手術が、半月板損傷(断裂)に対して行う関節鏡下半月板部分切除術です。

H29年が60膝でしたので、週に一膝以上行っている計算になります。

最近はインターネットでなんでも調べられるようになっています、細かい説明はWikipedia等に譲ります

 

【発症】

若い人は、ほぼ外傷が原因。

中高年(40歳以降)は少し捻ったり、長く歩いたり、勢いよく立ち上がったり、バランスを崩すだけでも損傷を起こすことがある。

【痛み】

断裂の形態により、捻ったり深く曲げたときだけ痛い場合から、膝を動かせないほどの激痛まで様々です。

受傷後数日が疼痛のピークで、それ以降は気を付けて歩けば痛みは少ないことが多い

あぐらがかけない。寝返りで痛い。正座不能。

いつまでも経っても(数カ月)治らない。そして治る気がしない。

【診察・検査】

問診後に疼痛部位を確認し診察を行います。

X線検査で下肢のバランス、変形の程度などの評価を行い、それを元にさらに詳しい診察を行います。

半月板損傷を疑った場合、MRI検査を行います。

【治療】

確定診断がつけば、麻酔下に半月板切除もしくは縫合術を行います。

手術時間は切除術で約15~20分。縫合術が30~60分となります。

入院期間は切除術の場合は1週間、縫合術の場合は2~4週となります。

 

半月板損傷はX線では映りませんので、正確な診察をしないと、膝の変形や単なる使い過ぎと診断されることがあります。

その場合、ヒアルロン酸を延々と関節に打ち続けたり、湿布だけで様子をみられることがあります。

半月板は極めて治癒力に乏しく、自然治癒するのは、ごくごく一部のケースのみです。

「治らない膝の痛み」だけでも、半月板損傷の疑いがあります。

お困りであれば、是非当院へお越しください。

術前動画

術後動画

ブログはじめました

2018.2.1HP刷新しました。

はじめまして。岡本健太郎です。

自己紹介はHPに載せていますので、このブログは手術症例を載せていこうと思います。

また知って得する整形外科トリビアも、気のむくままに書いていきます。

私事も見苦しくない程度に載っているかもしれません。

それでは、よろしくお付き合いください。