岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

熊本医療センター 手術研修

1/17は国立病院機構 熊本医療センターに行ってきました。

人工関節手術を多くしていると、人工関節メーカーさんより手術見学の招待を受けることがあります。

今回は、当院で行っているALSTHA(前側方進入人工股関節全置換術)を多くされている、

福元哲也先生の手術を見学させていただきました。

THAは通常医師2~3人で行う手術ですが、私同様、福元先生もほぼ一人でされています。

股関節解剖を熟知されており、わずかな肢位の変化でどこの筋肉の緊張がゆるみ、

レトラクター(組織をよける道具)をどうかけるか等、解説を受けました。

当院ではレトラクターを専用器具で強固に固定しますが、福元先生は写真のように

シーツにつけた鉗子(はさむ道具)に輪ゴムとS字フックをつけてレトラクターを

柔らかく引いています。

簡単にまねできるテクニックではありませんが、大変勉強になりました。

自院に引きこもらず、今後も外に勉強にいきます。