岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

オーダーメイド人工膝関節(PSI)

当院では、全ての症例ではありませんが、

人工膝関節全置換術に対し、患者ごとにオーダーメイドでの骨切りガイド

(Patient Specific Instrument=PSI)を作成します。

かなり新しい技術で、使用しているところはまだ多くありません。

人工膝関節置換術における、大腿骨と脛骨の骨切角度(屈曲伸展・内外反・左右回旋)は、

股関節と足関節の位置を含めて計画をたてます。

術前にX線で股関節・足関節を含めて撮影し、計測して計画しますが、2次元画像のためどうしても限界があります。

PSIは、全下肢の3DCT画像から解剖学的に理想とする骨切りガイドを作成します。

3DCT画像を元に大まかな計画が送られてきて、術者が微調整し最終決定。

アメリカの人工関節メーカーより輸送されてきます。

 

長所短所をまとめると。

 

長所

●驚愕の精度で人工膝関節が設置できる →わずかな設置角のズレによる膝動作時の違和感が少なくなる

●手術侵襲が小さくなる →出血量減少。腫れが減り、回復が早い

(手術では10~12cmの皮膚切開しか視野がない。解剖軸を確認するために

様々なガイドを骨に穴を空けて設置する。そのため本来必要のない侵襲が加わる。それが一切不要となる)

 

短所

●手術が決して簡単にならないし、手術時間が短くもならない(正確に設置できるかは、術者次第)

●術前の手間がかかる

(X線のみの手術計画は10分でできるが、海外との数百メガの画像のやりとり、微調整、承認手続きで1時間近くかかる)

 

元々この骨切りガイドがなくても、良好な設置ができていたわけで、基本的になくてもできます。

しかし、3次元の膝に対して2次元のX線で計画しても、数度・数mmの誤差は生じます。

PSIは、技術と経験だけでは補えない部分をサポートしてくれます。

ただ軟骨や靭帯が邪魔をして正確な設置は意外に難しく、結局は術者次第です。

PSIは人工関節が簡単になるわけではなく、

熟練者が使ったら「鬼に金棒」となると理解してもらえば良いと思います。