岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

両側同時 高位脛骨骨切り術2例

2019年11月は両側同時の高位脛骨骨切り術が2例ありました。

高位脛骨骨切り術とは、変形性膝関節症のうち内側の変形が強い(=O脚)の患者さんで、活動性が高い方に行う手術です。

変形が少ない膝の外側に、荷重部を移動(X脚にシフト)させることにより、痛みをとることができます。

変形性膝関節症は、両側同じように変形していく場合が多いので、両側同時手術の適応は意外と多いです。

一例目は40代女性です。

高度なO脚です。内側の関節裂隙(軟骨があるべきすき間)が消失しています。

60歳以上であれば、人工膝関節置換術を選んでもよい症例です。

関節鏡で膝の中を確認すると、膝の内側の軟骨が消失しているのに対し、

膝の外側の軟骨は十分に残っていました。

両足同時に矯正しています。術後は4週で退院し、経過は良好です。

 

次は50代女性です。

同じように内側の軟骨がすっかり消失しています。

年齢的には人工関節でも対応可能ですが、まだまだお仕事を現役で

頑張るために両側同時の骨切り術を希望されました。

術後の経過は良好で、おなじく4週で退院となりました。

両側同時手術の良い点は、片側ずつした場合に比べて、一回の全身麻酔ですむこと、入院期間が半分になることです。

欠点としては、術後1~2週は、片側ずつした方にくらべて移動が大変です。

終わってみれば、皆さん両側同時にやって良かったと言われます。

11月はこの2例以外に、両側同時TKA(人工膝関節全置換術)、両側同時UKA(人工膝関節単顆置換術)

が一例ずつありましたが、3~4週で退院しています。