岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

40代女性 股関節高位脱臼

高位脱臼とは、乳児~幼児期から股関節が脱臼した状態です。

人間は適応力がありますので、なんとか歩けるのですが、変形が進むと歩行困難となります。

先日40代の女性の高位脱臼を伴う右変形性股関節症に対し、人工関節置換術を行いました。

右股関節の位置が左と違います。

40年以上この状態で歩いていたわけで、股関節の上の骨盤に新しい関節ができています。

この場合、本来の股関節の位置に戻すための手術操作、骨移植、靭帯調整が必要になり

難易度の高い手術になります。

術後の画像です。

足の長さがそろい、骨盤の傾きも改善しています。

痛みが取れ、驚くほど歩く姿勢がよくなりました。