岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

市立青葉病院での手術研修

11/22は人工関節メーカーさんの招待で千葉県に行ってきました。

人工股関節の前方アプローチ(DAA)の第一人者の一人である、

千葉市立青葉病院の整形外科部長 渡邉仁司先生のもとで研修を受けてきました。

私が現在行っている前側方アプローチ(ALS)よりさらに内側から進入する方法です。

 

強力な牽引器で足を牽引し、股関節にスペースを作り、流れるように手術が進みます。

この牽引器は好きな位置で肢位を固定できるのも魅力です。

DAAとALSは、それぞれ一長一短があるので、どちらが優れているというわけではありませんが、

同じ前方系の進入法なので手術操作に共通点が多くあります。

匠の技、工夫をたくさん吸収させていただきました。

 

術後はディスカッションの場を設けてもらい、より理解が深まりました。

有意義な一日でした。