岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

膝半月板損傷

今月は、半月板損傷の部分切除、前十字靭帯再建、矯正骨切り術など

膝関節鏡手術だけで13件ありました。

以前も紹介しましたが、当院で最も多い手術である

関節鏡下内側半月板部分切除の動画を供覧します。

今月あった半月板損傷手術のなかで、最もわかりやすい症例だったので、

患者さんの了解を得てブログに載せさせてもらいました。

 

50代男性の内側半月板損傷です。

V0008

画面上の丸い部分が、大腿骨の関節面、画面下が脛骨(すねの骨)の関節面、

間にあるものが、断裂した半月板です。先端の丸い金属のフックで引っ掛かりを確認します。

V0009

吸引しながら、シェーバーという器械で傷んだ部分を削ります。

このあと、パンチという半月板を削りとり道具で形を整えます。

V0011

フックで引っ掛かりがなくなったことを確認します。

 

手術は1cm以下の傷2カ所から、カメラと手術器具を挿入し15分程度で終わります。

この患者さんの術前の痛みは、直後より劇的に改善しました。

 

半月板は、断裂の形(縦断裂・横断裂・水平断裂等)によって痛み方はまちまちです。

しかし共通することは、保存治療(リハビリや薬物療法)がほぼ無効だということです。

半月板は血流が極めて乏しいため、自然治癒が期待できません。

前医で、数カ月にわたってリハビリ、湿布、ヒアルロン酸の注射を行っても改善しないと

当院を受診する方がたくさんいらっしゃいます。

気になる方は、診察にこられてください。