岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

H30年3月手術まとめ

今月はたくさん手術したなと数えてみたら、3月の手術件数は42件でした。

腱鞘切開は同時に2本、3本している症例もあったり、足首は2本の骨を同時に固定したりしているので、実際はもっとあるのですが、カウントの仕方に一定のルールを設けないと、比較しにくいため1件にしています。

両膝や両手同時手術は2件でカウントしています。

外傷の処置や単純な縫合は、手術にカウントしていません。

 

全身麻酔手術 29件

人工膝関節全置換術(TKA) 2件

人工膝関節単顆置換術 (UKA)1件

人工股関節再置換術 (THArevision)1件

高位脛骨骨切り術(HTO)1件

膝関節鏡視下半月板部分切除 9件

骨接合 6件(大腿骨1、脛骨1、足関節(脛骨・腓骨)1 上腕骨 1 橈骨1 踵骨1)

抜釘 6件(中手骨1、膝蓋骨、橈骨、脛骨2、足関節(脛骨・腓骨)1)

滑膜切除(人工関節後) 1件

関節授動術 1件

腫瘍切除 1件

 

局所麻酔手術 13件

腱鞘切開 9件

手根管開放術 2件

骨部分切除(関節内骨片摘出) 1件

腫瘍切除 1件

 

抜釘(ばってい)とは、骨折手術で用いたプレートやスクリューを、骨癒合後に外す手術です。

骨膜や骨髄内には痛覚があるので、食い込んだスクリューをを取ることは、局所麻酔では難しいです。

 

大病院のような看板がない個人診療所で手術を受けていただけるのは、大変光栄なことです。