岡本整形外科 副院長診療ブログ

病院を外から眺めても、どんな医師がいるのか、どんな治療をしているのか、わかるはずもありません。骨折・脱臼などの外傷や、関節の変形による痛みに対して、当院での手術例を中心にご紹介します。また整形外科トリビアも気の向くままに書いていきます。

10代中手骨骨折手術

ブログに手術症例を出すと書いておきながら、1か月以上すぎてしまいました。

実際載せるとなると、少ない写真と短い文章で誤解なく伝える必要があり、慎重になってしまいます。

比較的分かりやすい骨折症例を提示することにします。

次の写真は10代男性、スポーツによる第3中手骨骨折です。

中手骨は掌の部分の骨だと思ってください。

どこが折れているか分かると思います。

ズレがなければギプスで良いのですが、この症例は短縮しています。

放置やギプスでも骨癒合はしますが、変形が残存します。

この部位の変形は、最悪の場合、手を握ったときに中指が他の指に重なってしまいます。

超高齢者や認知症でもない限り手術適応です。

手術の選択は主に3つあります。

①骨折部を完全に展開してプレートとスクリューで固定

②中手骨の根本の部分に1㎝の切開を加えてワイヤーを骨髄内に入れて固定

③切開せずに、レントゲン透視下に整復して皮膚ごしにワイヤーで固定。ワイヤーの根本は皮膚外に出しておく

それぞれに一長一短があり、骨折型、年齢、活動性、麻酔法により選択されます。

今回は②の方法で行いました。傷は小さく、固定性は強固です。

2本の中空の筒を縦に繋いで、中に固くい太い芯を入れるイメージです。

ワイヤーはすべて骨内と皮下に入っているため、抜糸後は手を自由に使えます。

欠点はワイヤーの選択、先端の曲げ方、打ち込む角度と強さ、ワイヤーの曲がりを利用した中からの整復等、

結構テクニックが必要なことです。

テクニックがなければ、髄内に入っていかないワイヤーと格闘し続け、いくら時間をかけても手術が終わりません。

術後2カ月の写真です。十分な骨癒合を得られ、手に衝撃のかかるスポーツ活動も許可しました。

ワイヤー抜去はいつでも良いので、学生さんの場合夏休み等休みが取れるとき、スポーツ選手の場合シーズンOFFで大丈夫です。

 

シンプルな指の骨折なのに、こんなに長い文章を書いてしまいました!!